学習開始時期は定着度に関係するのか

英語教育を始めるのは何歳ごろが最適?

学習効率と年齢の関係性は高いとは言えない

なぜ学校では中学校からなのか

日本の英語教育は読み、書きを重視しています。
わたしは、この点について異論を唱えるつもりはありません。
なぜなら、読み書きは言うまでもなく非常に重要なスキルだからです。
つまり、この点にポイントを絞って考えるならば、英語を理解するにはある程度の日本語力と論理的思考能力が必要とされます。
したがって、中学生にあると大人と変わらない脳の発達状況になっており、ある程度論理的な思考ができるようになります。
つまり、英文法を理解させるキリの良い時期は中学入学のタイミングというわけです
読み書きができると英語の新聞を読んだり、字幕付きの映画を見て理解できたりできます。
この教育制度が定められたとき日本は、日本人の必要レベルを書類が理解できれば良いという点に設定したため、このような現状が生まれたのだと思います。
しかし時代は常に変化するものです。
今必要なのは、英語を使って海外の企業とコミュニケーションをとることです。

最善はやはり6~7歳という結論

会話力を含めた英語を身に付けるとなるとハードルはさらに上がります。
先に述べた陳述記憶と非陳述記憶、それらをフルに活性化させるにはやはり6~7歳が最適な年齢といえるでしょう。
もちろん、0歳からでもよいですし、環境が整うならその時期に海外で生活させるのもよい手段かもしれません。
しかし、気を付けるべき点が一つだけあります。
それは、英語を嫌いにさせないこと。
この時期は吸収が早いということは、この時期に得た感覚は将来に影響しやすいのです。
もし6歳から英語を始めたとしても無理やり勉強させるあまり英語が嫌いになってしまうと、その場での学習効率が低下するだけでなく将来的な学習への影響が出てしまいます。
逆に、最適年齢を過ぎても、リラックスすること、モチベーションが高いことという条件があればかなり効率的に学習することができます。
皆さんも、英語を学ぶことに楽しみを見つけてこれからの学習に役立ててみてくださいね。


この記事をシェアする