学習開始時期は定着度に関係するのか

英語教育を始めるのは何歳ごろが最適?

現代社会における英語の必要性

この単語を覚えましょう。 簡単に言う言葉ですが、私たちの脳は具体的にどのような働きのもと単語を記憶をしているのでしょうか。 その前に一つ、私たちの常識を打ち壊す研究成果をご紹介しなければなりません。 実は、大人になると脳の働きが鈍るというのは嘘だったのです。

学習記憶のメカニズム

最近では、英語で社内会議を行う企業が出現し、話題を集めました。
また、企業の海外進出に伴う海外企業との連携が年々重要視されています。
そんな中、英語という言語にはいったいどれほどの価値があるのでしょうか。
そして、それを学ぶ価値は本当にあるのでしょうか。
2016年に発表された世界各国の英語力ランキングでは日本は低レベルと、現代日本人の英語力の低さをはっきりと世界に認識されてしまいました。
その理由を私なりに解析してみました。
先に述べたように、今の日本には海外企業との連携が必要不可欠です。
これと同時に、共通言語が必要となります。
それだけではありません。

日本という国がどのような国なのか、みなさん説明できますか。
日本という国を知るには、まず日本以外の国を知る必要があります。
もちろん、この場合外国とは英語圏に限った話ではありません。
日本以外の文化に触れること、これは言語を学ぶ上で核となる部分です。
日本の良さを知ると、自然と日本以外の良さも見えてきます。
日本以外の良さを知ると、さらに冷静に、客観的に日本を見つめることができます。

英語を学ぶのは、一見ただの学校の課題に見えて、本当に学ぶことを突き詰めると原点はここにあると、私は思います。
皆さんが英語に初めて触れたのは何歳の時でしょうか。
そして、英語を理解できたのは何歳の時ですか。
もしかしたら、まだ理解していないという方もいらっしゃるかもしれません。
小さいころから英語を学ぶのは良いことですが、具体的にどのような時期に始めるのがいいのでしょうか。
そして、大人になると言語は習得できないのでしょうか。
これから、このテーマについて研究していきましょう。

おすすめリンク

加齢に伴う記憶力の変化

みなさんが英語を始めて習ったのは何歳の時でしょうか。 もし自分が小学校から英語を勉強していれば、もっと話せるようになっていたのに こう考えたことがある方はいらっしゃいませんか。 確かに、幼少期から英語に親しんでいた人は英語力が高い傾向にあります。 では、中学校から英語を始めた人はうまくなれないのでしょうか。

学習効率と年齢の関係性は高いとは言えない

一般に言われるのは、こどもは吸収が早いという言葉です。 私の経験上も、こどもは成長するのが早いです。 しかし、私はこれは脳の発達状況の原因だけではないと考えています。 すなわち年齢如何にかかわらず、物事を吸収し成長することができるということです。 幸いにもこれは科学的な研究によってはっきりと証明されました。